新生銀行カードローン レイク | 10万円借りる方法ナビ

新生銀行カードローン レイクでお金を借りる

新生銀行カードローン レイク

お申し込み

実質年率4.5%~18.0% 限度額1万円~500万円
保証人不要 口座開設不要

お申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み 
  • ※インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • お電話による契約申し込み
  • 自動契約機による契約申し込み
  • 郵送による契約申し込み

詳細・お申し込み


銀行カードローンと消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
低金利カードローン ★★★☆☆ ★★★★★

銀行のカードローンは、低金利で消費者金融と比べて審査に時間がかかるのが特徴です。

>> 10万円借りたい【低金利ランキング】

即日融資 ★★★★★ ★★★★☆

消費者金融のカードローンは、少し金利が高めで融資までスピーディーなのが特徴です。

>> 10万円借りたい【融資スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!



キャッシングの疑問:企業の状態を判定するにも、自社の資金繰りにも必要なキャッシュフロー

キャッシュフローとは、実際に手元において使えるお金の流れを把握することです。 キャッシュフロー計算書は、企業の経営により得られた収入から、経費や支出を差し引いて、手元に残った資金がどれくらいかを算出したものです。 実際のお金の流れに沿った財務表とも言えますので、その企業がどのくらい存続できる体力があるかがわかります。 計算書には3種類あり、 営業活動によるもの、投資活動によるもの、財務活動によるものに分類されます。 とりわけ重要なのが、その企業の中心の事業活動の差額を算出する、営業活動による計算書です。 こちらの残高がマイナスですと、本業の成果がなく、現金が減っているということになります。 企業の投資家は、回収リスクを減らすため、現金が増えている企業の株に投資する傾向が見られます。 キャッシュフローは、小さな会社であっても、資金繰りに役立てることも可能です。 経営状態を見るのに、損益計算書や貸借対照表を利用しますが、 売上が発生した時点で帳簿記入をするため、掛売上の場合は、代金を回収していないのに、記録されている状態になっています。 ですから、現金が不足している状態にもかかわらず、帳簿上では黒字になっていることも考えられるのです。 最悪の場合、大手の顧客が倒産して、売掛金や受取手形が未回収の場合は、自社の支払いが滞り、連鎖倒産の憂き目にあう可能性もあるでしょう。 そのような事態を避けるために、常に現金の流れを把握して、管理することが必要になります。 本格的な計算書でなくてもよいので、表計算ソフトに予想される支出と収入、そのうち未入金分を想定して、どのくらいあれば現金が枯渇しなくても済むか、計算しておく事が必要です。

ページトップへ戻る